土には、ものすごい力がある

 


土には、ものすごい力がある


前回、土が原発の放射能を吸収・固定していたと書きました。

日本人は、原発の放射能を吸収・固定し、無害化してくれた土に感謝しなければならない。
また、土を大切にしなければならない。

土は、空気の浄化能力がとても高い。
人工物の多い都市にも、土と緑を多く置くことで、空気が綺麗になる。
そうすると、皆が快適に過ごせて、健康になる。

日月神示にも、土について記述が多い。

「人民はお土でこねて、神の息入れてつくったものである」
「御土
神の肉体ぞ、臣民の肉体もお土から出来ているのぞ」
とある。

人間の肉体が、土で出来ているというのは、どう解釈すればいいのか私には、よくわかりません。
土で育った植物を人が食べるから、土で出来ていると言えるのかもしれない。
しかし、それだと「人民は、お土でこねて、神の息入れてつくったもの」とは言えないと思う。

土は、人間にとても身近なものであると分かる。

「御土神の肉体ぞ」とある。
神の肉体なので、土には実はものすごい力がある。
放射能くらいでは、ビクともしないのでしょう。


日月神示

光の巻 第5帖

人民はお土でこねて
神の息入れてつくったものであるから
もう、どうにも人間の力では出来ん様になったら
お土に呼びかけよ、お土にまつろえよ
お土は親であるから親の懐に帰って来いよ
嬉し嬉しの元のキ甦るぞ
百姓から出直せよ

富士の巻 第12帖

御土神の肉体ぞ
臣民の肉体もお土から出来ているのぞ
この事分かったら
お土の尊い事よく分かるであろうがな


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする