平昌五輪 羽生結弦 2大会連続の金メダル ドキドキした

 


平昌五輪 羽生結弦 2大会連続の金メダル ドキドキした

2018年2月18日

 

2月17日 平昌五輪のフィギュアスケート男子で、羽生結弦選手(23)が、2大会連続の金メダルに輝いた。

羽生選手のフリープログラムが始まる前、私はテレビの前で、心臓がドキドキした。
これだけドキドキしたのは、久しぶり。

選手寿命の短いフィギュアスケートで、2大会連続の金メダルは、すごい。

 

演技の曲の「SEMEI」のバンバンと二度鳴るときに、両腕を広げるのがいいですね。
表彰台でもしていました。私も何度か真似しました。

選手の衣装に注目

羽生選手の衣装が、すてきでした。

ショートプログラムの衣装は、白と水色で爽やか。

フリープログラム「SEIMEI」の衣装は、陰陽師(おんみょうじ)の安倍晴明を思わせる高貴な感じを受ける。

 

私は、あまり詳しくないですが、易占いで「梅花心易」というのがある。
これは道具を用いず、占断する年月日時や周囲のあらゆる物から易卦を立てる。
人の服装の色などからも占える。
人の服装も、運勢と大きく関係がある。

以前にも書きましたが、日月神示
自分を霊とすると衣は体、衣着た自分を霊とすれば家は体、
家にいる自分を霊とすれば土地は体であるぞ
 (冬の巻 第1帖)」

とある。

 

衣服は、人格の現れなのです。
いい衣装を着るためは、選手の人格が高くないと、なかなか着れない。

フィギュアスケートの選手は、人格が高くて美男美女が多い。
人格者でなければ、ファンも応援しない。
とても尊敬します。

 

やはり、日々、身魂を磨くことが大切だということです。
それが成績向上につながる。

 

ライバルと言われた、浅田真央とキム・ヨナの衣装を見てみるのもいい。

野球やサッカーなどの、世界各国のユニフォームのデザインセンスの高さと、スポーツの実力を見てみるのも面白い。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です