難波高島屋の「銀座若松」 パフェ

 

難波高島屋の「銀座若松」 パフェ

 

2018年2月16日に難波高島屋の「銀座若松」へ行きました。

みつ豆にこしあんと黒蜜を合わせた「あんみつ」は、昭和5年にこのお店で誕生した。

パフェが、高島屋の会員証を提示すると、100円ほど割引なので、これにしました。
810円 (税込)。

 


内容は、焼いた小さい餅2個、マロン、抹茶のアイス、生クリーム、小豆、ゼリー など。

上に乗っている丸いもなかの皮が、日本の昔の被り笠を思わせて面白い。
日本古来の和菓子という印象を受ける。

餅と小豆があるので、お腹がけっこう膨れる。

生クリームは油分があるので、私はやや気分が悪くなる。
個人的には、生クリームが多く感じたので、この半分でも良い。

 

和菓子は、油分が少なく、あっさりしたものが多いので好きです。
油分が少ないほうが、健康にも良い。

緑茶が付いていたので、よりスッキリした味わいになる。

美味しかったです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です