盲目のピアニスト 辻井伸行 素晴らしい

 

盲目のピアニスト 辻井伸行 素晴らしい

辻井伸行
 (つじい のぶゆき、1988年9月13日 – )

 

ラ・カンパネラ

 

彼のピアノの評価については、さまざまな意見があります。

しかし、目が見えなくても、多くの人が感動するピアノの腕前があるのは、素晴らしいです。

さまざまなハンデがあっても、努力で活躍できることを示した。

 

以前にも書きましたが、世の中には、病気、貧困、障碍などで、死んだも同然の状態の人が多いです。

世の中には、死んだも同然の人が多い (1)

このような人の中にも、偉大な魂を持つ人がいるので、社会で活躍する機会を作ることが大切。

 

日本の企業の障害者の雇用が、増加している。
この先も、さらに増加していくでしょう。
いい傾向です。

企業の障害者法定雇用率、2.3パーセントに引き上げへー発達障害・精神障害者の雇用機会は広がるか

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする