原爆についての私の見解 (3)

 

 

原爆についての私の見解 (3)


酷い目に遭っても、罪も人も憎まず

酷い目に遭っても、人を憎まないことについては、以前に書きました。

罪を憎まず人も憎まず


善が神の表れの一つなら、悪も神の表れの一つ。

ですから、基本的に悪を憎んではいけない。


被爆者の方は、原爆の製造と投下した人を憎まないことは、到底受け入れられないと思いますが、こういう考えあがると知っていただきたい。

日月神示シルバーバーチは、人を憎むことについては、否定している。

 

日月神示
黄金の巻 第53帖

罪を憎んでその人を憎まずとは悪のやり方
神のやり方はその罪をも憎まず

 

神の完璧な摂理では、いかなる行為、いかなる言葉、いかなる思念も、その人自身が責任を負うことになっている。
絶対に免れることはできない。

大霊の同胞を憎むということは、できない。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です