世の中には、死んだも同然の人が多い (2)

 

世の中には、死んだも同然の人が多い (2)

 

私は、20歳くらいのころ、うつ病になり、半年ほど、かなり苦しんだ経験がある。
少し自殺願望も出て苦しかった。
絶望的で、お先真っ暗な感じ。
このときは、私は死んだも同然だった。

過去の記事  日月神示に縁がある人は、死ぬほどの経験があることが多い

うつ病になった原因は、忙しくしすぎて、体に負担をかけ過ぎたからだと思っていた。

しかし、これまで自分が抱えていたカルマが、原因だったかもしれない。
カルマは、家族のカルマも関係しているかもしれない。


家族のカルマは、個人にはカルマがなくても、家族の誰かが背負い、苦しむことがある。

 

いま思うと、このうつ病が、私にとっての試練の1つだった気がする。
人は、試練を乗り越えることで成長できる。

 

日月神示には、メグリ (カルマのこと) について、「神の大きな恵みであり試練であるぞ」とある。

メグリは試練であるが、神の恵みでもある。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です