原子、人間、地球、太陽系などは、同じ構造をしている

原子、人間、地球、太陽系などは、同じ構造をしている

原子、人間、地球、太陽系、銀河系などあらゆるものは、同じ構造をしている。近い将来の岩戸開きでは、あらゆるものの構造が変化するらしい。

 

日月神示

冬の巻 第1帖
宇宙は霊の霊と物質とからなっているぞ
人間もまた同様であるぞ
宇宙にあるものは皆人間にもあり
人間にあるものは皆宇宙にあるぞ
人間は小宇宙と申して、神のヒナガタと申してあろう

至恩之巻 第5帖

人民の肉体も心も天地も皆同じものから同じ想念によって生まれたのであるぞ。 故に同じ型、同じ性をもっているぞ。

そのかみの天津神はイザナギ、イザナミの神と現われまし、成り成りの成りの果てにイザナギ、イザナミの命と成り給いて、先ず国土をつくり固めんとオノコロの四音の島をならし八尋殿(やひろどの)を見立てられたのであるぞ。

これがこの世の元、人民の頭に、東西南北の四方があり、八方と拡がるであろうが。

八十となり、八百、八千と次々に拡がって八百万(やおよろず)となりなるのであるぞ。

至恩之巻 第6帖
四と八によってなされたのであるから、森羅万象の悉くがその気を受けているのであるぞ。 原子の世界でもそうであろうが。 これが今の行詰まりの原因であるぞ。
八では足らん、十でなくてはならん。 〇でなくてはならんぞ。
岩戸ひらきの原因はこれで分かったであろうがな。

至恩之巻 第16帖
太陽は十の星を従(したが)えるぞ。 原子も同様であるぞ。 物質が変わるのであるぞ。

人民の学問や智では分からん事であるから、早く改心第一ぞ。
二二と申すのは天照大神殿の十種(とくさ)の神宝に ﹅ を入れる事であるぞ。 これが一厘の仕組み。 二二となるであろう。 これが富士の仕組み。
七から八から鳴り鳴りて十となる仕組み。 なりなりあまるナルトの仕組み。 富士(不二)と鳴門(成答)の仕組み愈々ぞ。
これが分かったならばどんな臣民でも腰を抜かすぞ。

 

原子の構造。
中心に原子核があり、周りに電子がいくつかある。
岩戸が開くと電子の数が増えるらしい。
1314159_011

人間の構造。
人間の場合は、チャクラが原子の電子や太陽系の惑星に相当するのではないかと思います。
人間のチャクラは、7個ほどある。
岩戸が開くと、チャクラが増えるのかもしれません。

福原氏のサイト「日月神示(ひふみ神示)の真の解釈」
人間の岩戸開きについて

chakra

 

地球の構造。地球にもチャクラがある。
地球のチャクラの図。 

o0725046012963084446

 

太陽系の構造。
中心に太陽があり、周りに惑星が、水金地火木土天海の8個。
岩戸が開くと10個になるらしい。

未発見の惑星が2つも?実は良くわかってない太陽系の全容

 
orbit-v2-m

 

銀河系の構造。これも原子や太陽系と同じような構造をしている。
F07002

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です