毎日、漢字を書く練習をする

毎日、漢字を書く練習をする

最近は、日本語を書く機会が減り、難しい漢字が書けない人が増えている。
私もだんだん漢字を書けなくなってきている。

このままだと、10年後20年後には、日本語がろくに書けない人が、多くなる可能性がある。
これはまずいと思うようになった。

毎日漢字を書く 

漢字を書けるようになるには、小さいころから毎日、漢字を書くしかない。
毎日書かないと、漢字をどんどん忘れていく。


書けない漢字を見ると、すぐに書く習慣をつけることです。

外へ出かけるときに、書けない漢字を見かけたら、頭の中で漢字を書いたり、指で漢字を書く。

本やインターネットで、書けない漢字があれば、指で机に書くかペンで紙に書く。

以前にも、漢字を書くことについて書きました。

過去の記事  日本語を手書きで書いて、頭を鍛える

日本語を声に出す

滑舌が悪い人は、外や家で見かける言葉を小さい声に出して、発音練習するといい。
大きな声を出すと、人に怪しまれる。

きれいな発音も、小さいころから毎日声に出して練習することが大切。
言葉のなまりがあると、なかなかな直らない。

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする