南海トラフ地震のシュミレーションの映像を見ておく


南海トラフ地震のシュミレーションの映像を見ておく

 

大地震のシュミレーション動画


最悪の想定で、32万人の死者が想定される南海トラフ地震

内閣府は、シミュレーションCGを公開している。

シュミレーションの映像の大災害が、現実に起きる可能性が高い。

 

南海トラフの地震と東日本大震災の動画や地震の対策の動画が、いくつかある。
繰り返し見ておくことが大切。

そして、地震への準備や対策をすること。

大地震は、いつ起きてもおかしくないほど目前に迫っている。

 

 

2011年の東日本大震災


2011年の東日本大震災では、初めに3回連続で大きな地震があった。
そして、大きな津波が日本を襲った。
2016年、警察庁によると、死者 15,894人
行方不明者 2,562人

 

南海トラフ地震の死者数は、想定で約32万人なので、遥かに規模が大きい。
何度も大きな地震が、起きることになる。
そして、大きな津波が日本を襲う。

 

家の地震対策

私の場合は、地震が起きたら、家の近くの団地の上の階に避難する予定です。

しかし、 大地震の場合は、自宅が倒壊する可能性がある
これが怖い。

津波は、あまり心配がない地域。 原発も近くにない。

 

自宅が倒壊しないように、耐震補強工事もある。
予算のある方は、今のうちに補強しておくことをお勧めします。

平均施工金額は、約152万円。
この金額で命が助かる可能性が、大きく高まるなら安い。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です