動物は3日先の災害を知ることができる

動物は3日先の災害を知ることができる

前回、動物が大地震の前に異常行動を取ることを書きました。

犬、猫、鳥、馬、鼠など動物には、3日ほど前から大地震などの災害を予知する能力がある。 

動物は長い歴史の中で、災害を予測する能力を獲得し、厳しい生存競争を生き延びてきた。

人間にも災害の前に、頭痛や耳鳴りなどの症状が出る人が少数いる。
しかし、これは少数であり、現在の多くの人は、明日に何が起きるかも分からない。

日月神示でも「鼠でも三日先のことを知る」とある。

この動物の予知能力を活用すれば、人は地震などの大災害を高確率で予知できるかもしれない。

次回につづく。


日月神示
 
上つ巻 第2帖
鼠でも三日先のことを知るのに、
臣民は一寸先さへ分らぬほどに、
よう曇りなされたな、

それでも神の国の臣民、天道人を殺さず、
食べ物がなくなっても死にはせぬ、
ほんのしばらくぞ。木の根でも食うて居れ。

闇のあとには夜明け来る。神は見通しざから、
心配するな。手柄は千倍万倍にして返すから、
人に知れたら帳 引きとなるから、人に知れん
やうに、人のため国のため働けよ、
それがまことの神の神民ぞ。

酒と煙草も勝手に作って暮らせる善き世になる、
それまで我慢出来ない臣民沢山ある。

早く  (モト)の神の申す通りにせねば、世界を
泥の海にせねばならぬから、早うモト  心になり
て呉れよ、神頼むぞよ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする