南海トラフ大地震の前に、空などに異変がある可能性

 

南海トラフ大地震の前に、空などに異変がある可能性

 

近い将来、起きる可能性の高い南海トラフ大地震。
大地震の前に、前兆として空などに異変があることが多い。

空の異変


空の色がいつもと違う色になる。
月の色が赤くなる。
海の色が変わる。
雲が独特な形をする。

など。

 


動物の異常行動

ペットの犬や猫が、いつもと違った感じで吠える。鳴く。騒ぐ。
カラスなどの鳥の大群が空を飛ぶ。
魚が大量に海に打ち上げられる。

動物は、前もって大地震を知ることができるようです。

 

この動画の犬は、クゥーンと何度も鳴いて、前足を動かし、飼い主に訴えかけている感じがする。


人の体の異変

頭痛、耳鳴り、吐き気がする。

 

地震の前兆の動画。 分かりやすくまとめられている。

 

 

 

異常をSNSで皆に知らせる

 

私の予想では、南海トラフ大地震は、2020年の東京オリンピックの後に起きる。

以前の記事 南海トラフ地震は、2020年の東京オリンピックの後の可能性

2020年以降は、空などの異変には、注意していたほうがいい。

 

今はツイッター、ライン、フェイスブック、ブログなどで、すぐに情報を発信できるので、異変をすぐに知らせることができる。

空の異変、動物の異変、人体の異変が重なって起きたら要注意。
皆でSNSなどで異変を報告し合うといい。

そして、安全な場所に避難する。 

 

 

 

今から大地震の準備をインターネットや本などを読んでしておくこと。
2020年は、あっという間にやってくる。

 

日月神示にも「空に変わった事現われたならば、地に変わった事があると心得よ」とある。

天と地は、距離は離れているが、実は、大きな繋がり、関係がある。

 


日月神示

天つ巻  第13帖

空に変わった事現われたならば
地に変わった事があると心得よ 

愈々となって来ているのだぞ
神は元の大神様に延ばせるだけ延ばして頂き
一人でも臣民助けたいのでお願いしているのだが
もうお断わり申す術無くなったぞ
玉串(たまぐし)神に供えるのは衣供える事ぞ


衣(ころも)とは神の衣の事ぞ

神の衣とは人の肉体の事ぞ
臣民を捧げる事ぞ
自分を捧げる事ぞ
この道理分かったか
人に仕える時も同じ事ぞ

人を神として仕えねばならんぞ
神として仕えると神となるのだから
もてなしの物出す時は
祓い清めて神に仕えると同様にして呉れよ

食べ物今の半分で足りると申してあるが
神に献(ささ)げたものか、祓い清めて
神に献げると同様にすれば半分で足りるのぞ

天の異変に気付けて呉れよ
神くどく気付けて置くぞ
神世近づいたぞ

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です