腕時計に世界で初めてミニッツ・リピーターを作った人

 

腕時計に世界で初めてミニッツ・リピーターを作った人

 

前回の続き

フィリップ・デュフォー氏は、スイス生まれの天才時計師。

1992年にフィリップ・デュフォー氏は、腕時計に時刻を鐘の音色で知らせる機構である 『グラン・プチ・ソネリ・ミニッツリピーター』 を世界で初めて盛り込んだ。

ミニッツ・リピーターを腕時計に付けるのは、とてつもなく難しく、少数の天才時計師にしかできない。
それを世界で初めてやってのけたのは、凄すぎる。

 

日本のセイコーが、ミニッツリピーターの腕時計を初めて作ったのが、2011年。
19年の開きがある。

 

フィリップ・デュフォー氏の工房は、スイスのジュー渓谷にある。
自然豊な森と草原に囲まれ、静かで空気が綺麗。

時計製作には、とても良い環境だと思います。
冬は、雪が積もり、かなり寒いですが。

 

 

この工房の様子を見ると、宮﨑駿氏 (1941年1月5日) のアトリエに雰囲気が似ていると思った。
知的で芸術的で、人の温かみのある空気を感じる。
このような家でないと、良い作品はできないのかもしれない。

以前にも書きましたが、日月神示にもあるように、人の内分と衣服と家は、相関関係にある。

冬の巻 1帖
自分を霊とすると、衣は体
衣着た自分を霊とすれば家は体
家にいる自分を霊とすれば土地は体であるぞ

 

彼は、1948年生まれですが、まだまだ元気に活動している。
容貌を見ると、とても優しそうな感じを受ける。
時計の美しさにも、それがよく出ている。

動画をいくつか見ると、彼はフランス語と英語を話せるようです。

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です