小麦は体に悪いという説 (1)

 

小麦は体に悪いという説 1

 

小麦は、体に悪いという説を最近知ったので、小麦が原料のパン、うどん、ラーメン、クッキー、天ぷらなどをなるべく控えている。

私は、毎朝、パンとコーヒーでしたが、お米に変えた。

 

小麦が体に悪い理由

現代の小麦は、品種改良や遺伝子操作を重ねて、流通するほとんどの小麦は、体に悪いものになっているという。

 

小麦を改悪した人達は、小麦を食べた世界中の多くの人の健康を悪くしたので、これは大きな罪になるのではないでしょうか。

現在は、その人達はどうしているのか不明ですが、大きなカルマを作った可能性が高い。
そのカルマで長く苦しむことになる。
遺伝子組換えはカルマを作るので、してはいけない。

 

少し前に、パスタ屋さんでパンが食べ放題のコースを選んで、パンを沢山食べた。
その後、家に帰ったら久しぶりに下痢をした。
食べ過ぎが悪かったのかと思った。

小麦が原料のパスタとパンが、健康に悪かった可能性がある。
これまで、食べ過ぎで下痢をすることは、ほとんどなかった。

 

テニスのノバク・ジョコビッチ選手も、小麦を抜く食事で体が健康になり、成績も良くなったという。
それを書いた本もよく売れている。

 

 

行動には前兆がある

私は、ジョコビッチの本や小麦が体に悪いという本を1ヶ月ほど前に、本屋で見かけた。
それは初めて知ったので、少し意外な感じがした。

 

次は、ラジオでジョコビッチの小麦を抜く本のことを聞いた。
やっぱり、小麦は体に悪いのかと思った。

 

次は自分のブログで、遺伝子操作がカルマを作るという記事を書いて、小麦が昔に品種改良で、体に悪いものに変わっていることを知った。

そして、小麦を控えるようになった。

 

このように、実際に行動にすることには、前兆があり、次第に行動に移るということがよくある気がする。
前兆に気がついていると、行動に移りやすくなる。

 

しばらくの間、小麦をなるべく抜く食事を続けてみる。

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です