遺伝子工学や核エネルギーは、地球人が扱える代物ではない

 

 

遺伝子工学や核エネルギーは、地球人が扱える代物ではない

前回にDNAのATGCのたった4つの塩基配列の組み合わせで、無限の種類の生物が、宇宙で次々に誕生することを書きました。

 

しかし、科学者は、遺伝子を組み替えて、新たな生物を作っている。

アンドロメダ星雲のオレンジャーによると、遺伝子工学や核エネルギーは、神のような高次元のエネルギー領域であり、とても危険で、地球人が扱ってはいけないと言っている。

宇宙の本質を語る宇宙人「オレンジャー」からのメッセージ

高次元(神)のエネルギー領域


オレンジャーによると、人は、遺伝子組み換えで、種ができない植物を作ったが、これは大きなカルマを作ってしまったという。

私は、これを知ったときは、ショックを受けた。
種ができない植物くらい、なんともないと感じていた。
残念ながら、これに関与した人たちは、この先、このカルマで長い間苦しむことになる。

 

これ以外にも、科学者は、遺伝子組み換えで様々なものを作っているので、大きなカルマを作ってしまった可能性が高い。
生物のクローン技術も研究されているが、とても危ない。

 

 

 

遺伝子を人が操作することや、核エネルギーを扱うことについて、多くの人は、違和感や怖い印象を持つが、やはりそれは正しい。

 

遺伝子工学や核エネルギーを扱うのを止めるには、何十年とう長い年月がかかりますが、止める努力をしなければ、近い将来、大きなカルマで、人類は滅びる。

 

2017年7月7日 に、ニューヨーク国連本部での会議に参集していた各国は「核兵器禁止条約」を採択した
これは、とても良い採択でした。多くの人の努力が実った。
しかし、核兵器全廃には、まだ何十年もかかる。

近い将来、第三次世界大戦で、核兵器が使われる可能性が高い。
そのカルマで、何十年か後に第四次世界対戦が起きて、再び核兵器が使われる可能性がある。
そうなると、地球は大きく破壊される。

 

人間が本当に、核兵器で地球を破壊してしまう可能性がある。

これは、とてつもなく大きな罪で、地球人は、大きなカルマを作り、長い間苦しむことになる。

核戦争は、とてつもなく大きなカルマをつくる

 

遺伝子工学や核エネルギーは、地球人が扱える代物ではない。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です