著名人は、サービスでサインを書いたほうがいいか


著名人は、サービスでサインを書いたほうがいいか

著名人は、ファンサービスでサインを書人と書かない人がいる。
これは本人の自由でいいと思います。

宮﨑駿さんは、サインを書かない。以前に書いた。

一般人が原発事故の近くへ支援に行くのは自殺行為

宮崎駿のサインが、数十万円で取引されているのは驚いた。
価値が高まるのを見据えて、ビジネスになっている。
宮崎駿のサインのオークションの価格を見ると、数万円が多いようですが。

宮崎駿は、サインの高額販売を悲しんで、サインを書かないようにしている。
鳥山明のサインも15万円ほどするらしい。

サインをたくさん書けば、価格も下がるが、そこまでたくさん書くことはできない。

しかし、宮崎さんは、東日本大震災の支援で、宮城県でサイン会をしたので、また多くのサインが高額取引されることになる。
サイン会をしたのは、良かったのかという疑問が少しある。
別の方法の支援でも良かったかもしれない。

野球選手は、ファンサービスでサインをよく書く。
これは立派なことなので、どんどん書くといいです。

しかし、宮崎駿のような毎日アニメを描く人は、とても多忙で、手が疲労しているので、サインを書きたくなければ、書かなくてもいいと思います。

やはり、宮﨑駿の本業のアニメを作ることが、一番のファンサービスだと思う。

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする