一般人が原発事故の近くへ支援に行くのは自殺行為


一般人が原発事故の近くへ支援に行くのは自殺行為

原発事故で放射能が漏れると、長年汚染が続き、被爆しやすいので、一般人は支援に行ってはいけない。ガンなどの病気になりやすい。

福島産のものを「食べて応援」することも、とても危ない。
原発からなるべく遠くのものを選んで食べること。

 

福島の住民のガン患者の数が、原発の爆発後に急増している。
支援する場合は、支援物資を送ることや寄付など、遠くからできる支援がいいです。

 

福島の原発事故が起きてから、ボランティア活動で福島の近くに行った人が、後に病気になったケースがいくつかある。
もちろん、全員の病気の原因が、放射能の影響とは断定できない。

 

原発付近へ行くのは、日本の多くの人が、原発事故の放射能の影響を知らないことが大きな原因。だれにも教わらないので、私もほとんど知りませんでした。
知ると原発付近へは行かなくなる。
原発について無知というのは、怖い。

 

放射線測定器
身の周りの放射線量を測定できて便利

 

 

福島付近に支援に行った多くの著名人が、発病や病死している。
私はこのサイトを見て、かなりショックを受けました。
多くの惜しい人を亡くしてしまった。

著名人の病気や体調不良・訃報報告wiki

放射能被害には、お味噌汁がいいです。私もよく食べている。
放射能被害を防ぐには、日本の味噌汁を食べるといい

 

放射能で病気になったのは、その人のカルマが関係していることがある。病気は、カルマの解消であることが多い。

例えば、車にひかれて怪我をしたら、怪我の直接の原因は車ですが、車にひかれるカルマがあることが、原因のことが多い。

 

個人的には、私の敬愛する宮崎駿さんが、2011年7月2日、宮城県気仙沼市で地元の子供たちに、サイン会をしたことが気になる。

現在までは、病気にはなっていないようなので多分、放射能の被害は無い。危ないので行ってほしくなかった。

 

宮崎さんのサイン色紙は、30万~50万円という高値で取引されている。それを悲しんだ宮崎さんは、一切サインを書かないようにしている。

しかし、東日本大震災の子供のサイン会は、サイン色紙を売ることで、お金になればという思いがあったためらしい。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です