嘘情報と在日の多いテレビを見ない

嘘情報と在日の多いテレビを見ない

日本のテレビは嘘情報、捏造情報をたくさん流し、日本人を洗脳している。
また、テレビの経営者や芸能人は、在日が多い。


最近では、百田尚樹氏が日本のマスコミの嘘を暴いた。マスコミはこの先も嘘を流すので、これからも、嘘を
暴いて頂きたい。

 

2011年の東日本大震災は、「人工地震」であるという説がある。インターネットや本では、この説がたくさん出てくる。

しかし、「人工地震」という言葉は、テレビや新聞やラジオでは、まったく出てこない。
地震学者もテレビなどでは、一言も言わない。地震を研究しているのだから、人工地震のことはもちろん知っている。
マスコミは、完全に情報操作されている。

 

日本の芸能界の多くは、昔から在日が経営しており、在日が優遇されて、日本人は芸能界になかなか入れない。

在日は日本人の名前を名乗り、日本人のフリをしてテレビに出ている。視聴者は、在日を日本人だと思って応援する。このような奇妙なことが、昔から何十年も続いている。

今はネットで、だれが在日かを検索して知ることができる。
だれが在日かを知り、テレビを見ると、在日がとても多いことが分かる。


私は、これらを知ってから、なるべくテレビを見ないようにしている。あまり信用もしない。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です