タトゥーや整形は、不幸になることが多い

タトゥーや整形は、不幸になることが多い

ファッションや美容のために、タトゥーや整形をする人がいますが、これは、大切な体を傷つけるので、カルマを作る。
カルマを作ると、苦しむので、なるべくしない方がいいです。

タトゥーと入れ墨

タトゥーや入れ墨は、皮膚を針で刺す。
当然、痛いし、血は出るし、腫れあがる。
数日間は熱も出る。
怪我するのと同じ。

化粧は皮膚に塗るだけですが、タトゥーは皮膚を傷つけるので、化粧とは全く違う。

整形

整形手術も大切な顔や体を傷つけるので、カルマを作る。
整形後も老化とともに違和感がでるので、整形前の自然のままの方がよかったということもよくある。
整形もなるべく、しない方がいい。

自傷行為

自分の体を傷つける自傷行為も、カルマを作り、苦しむことになる。

・リストカット
・手足を叩く、噛む
・自分で髪の毛を抜く

総合旅行予約サイトの楽天トラベル

有名人の中には、タトゥーや整形をしている人がいますが、その人達は、何かの問題や病気などを抱えていることがよくある。
これは、タトゥーや整形で作ったカルマが、関係していることがあると思います。
逆にいうと、タトゥーや整形をして、何かの問題や病気が無いことは少ない。

人は、タトゥーや整形を見ると、違和感を感じる。あまりいい印象は待たない。これは、大切な体を傷つけることが関係している。

人の身体は、神からお預かりしている尊いもので、大切にしなければならない。
傷つけると、カルマで苦しむ。

日月神示
富士の巻 第14帖

臣民にわかる様にいふなれば
身も心も神のものざから
毎日毎日 神から頂いたものと
思えばよいのであるぞ

それでその身体をどんなにしたら
よいかと云ふこと分かるであろうが

夜になれば眠ったときは神にお返し
してゐるのざと思へ
それでよく分かるであろうが

身魂みがくと申すことは
神の入れものとして神からお預りしてゐる
神の最も尊いとことしてお扱いすることぞ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする