惑星は、中が空洞のトーラスの形をしている

惑星は、中が空洞のトーラスの形をしている

トーラスとは、ドーナツのように中が空洞な形状のこと。

ウィキペディア トーラス


以前にブログで、あらゆるものは同じ構造をしていると書きました。

原子、人間、地球、太陽系などは、同じ構造をしている


惑星も原子や細胞や太陽系と同様に、中身は埋まっているのではなく、スカスカの状態。
地球以外の多くの惑星も、トーラスになっていて、それぞれの惑星の内部には、高度な文明が存在する。

しかし、中が空洞だと、重力はどうなるのかと疑問が生じる。
惑星は、トーラスという形状と、星の質量が重力場を発生させている ようです

これは、この先少しずつ解明されていくと思います。

 

 

そして、内部は異次元になっており、南極や北極の地表の穴から、いわゆるスターゲイトを通って、異次元世界へ行くことができるらしい。
この仕組みは、まだよく分かっていない。

 

 

学校の理科では、地球の中は高温のマグマがあると教わりますが、これは間違いのようです。将来は、理科の教科書が書き換えられるかもしれません。

惑星の内部が異次元になっていて、高度な文明があるとは、ワクワクする。これからは、感動的な発見がありそうです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です