核戦争は、とてつもなく大きなカルマをつくる

核戦争は、とてつもなく大きなカルマをつくる

近い将来、第3次世界大戦が起きて、核兵器がつかわれる可能性が高い。
核兵器を使用すると、数十万、数百万の人間が、たった1日で亡くなる。
その後も、放射線による病気などで、多くの人が亡くなる。

核兵器の破壊力は、他の兵器と比べ物にならない。


以前にもブログで書きましたが、核兵器の使用、製造、投下指令などで、核兵器に関与すると、大きなカルマをつくる。
そして、死後に霊界で被爆者と同じ苦しみを長い間、受け続けることになる。

これは摂理なので、だれにも変えることはできない。


2062年の未来人によると、2062年には、地球1個を簡単に爆発させることができる兵器があると言っている。
これは非常に危ない。

2062年以降も、再び核戦争が起きて、地球を破壊してしまう戦争が起きる可能性がある。
これは第3次世界大戦のカルマが関係している可能性が高い。

2062年の未来人

Q.新しい兵器について

A.新しい兵器は存在する。これは地球1個を簡単に爆発させることができる。  (2010/11/16)

 

長い宇宙の歴史では、核戦争で惑星を破壊してしまったところがいくつかあったらしい。
惑星を破壊することは、とてつもなく大きな罪で、その惑星の人たちは、大きなカルマをつくり、苦しみ続けることになる。


非常に困難なことですが、核兵器の全廃を実現しなければならない。

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする