ロシアが、第3次世界大戦で核兵器を使う可能性が高い

ロシアが、第3次世界大戦で核兵器を使う可能性が高い

そうなると、地球が大きく破壊され、環境が激変する。
これは、何としてでも避けなければならない。


アメリカの未来人の可能性のあるジョン・タイター氏は、2015年にロシアがアメリカ、中国、ヨーロッパに核爆弾を投下すると書いている。

しかし、これは世界線のズレで、現在は大きく違っているという。

ウィキペデイア ジョン・タイター  より引用


2015年、ロシア連邦が反乱部隊の援助という名目でアメリカ、中国、ヨーロッパの主要都市に核爆弾を投下。
アメリカが反撃し核戦争となり、第三次世界大戦へと発展する。

その後、アメリカの外交権麻痺に乗じて、中華人民共和国が覇権主義を強化。
台湾、日本、韓国を強引に併合する。

後にオーストラリアが中国を撃退するが、ロシアの攻撃により半壊滅状態になる。
ヨーロッパ諸国もロシアによりほぼ壊滅するもアメリカが撃退し、ロシア連邦が崩壊する。

2017年、30億人の死者を出した末、ロシアの勝利に終わる。


2062年の未来人も、「ロシアは手がつけられなくなる」と書いている。おそらく、ロシアが核兵器を外国に何発か打つ可能性が高い。



Q.ロシア及びヨーロッパの状況を概略にでも教えてください。
アフリカの状況も解れば・・・。

Aロシアは手がつけられなくなる。
ヨーロッパは気にすることはない。
アフリカは無残だ。 (2010/11/14)


2015年の8月に、ロシアの下院議長は、広島、長崎への原爆投下について「人道に対する犯罪であることは明らかだが、政治的、法的に適切な評価がなされてこなかった。人道に対する罪には時効がない」と述べ、米国を批判した。

ロシアはアメリカを批判しているので、何かの争いがあれば、ロシアがアメリカに核兵器を投下する気配がある。

 

核兵器の保有数は、アメリカとロシアが突出して多い。

ウィキペディア 核保有国の一覧

ロシアは、新型核ミサイルを開発し、2018年に配備の予定。

NAVER まとめ ロシアの新型核ミサイル「RS-28サルマト」の威力がヤバいらしい

ロシアは、核戦争の準備を進めている。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする