お役立ち情報

アインシュタイン 1つのことに専念し続ける

更新日:

 

アインシュタイン 1つのことに専念し続ける

アインシュタインは、物理学で素晴らしい業績を残しました。しかし、自分のことを天才とは思っていなかったという。

アインシュタイン「私は天才ではない。ただ人よりも長く一つのことと付き合っていただけだ

アインシュタインは、小さいころから数学と物理に興味を持ち、熱心に勉強し続けた。そして、大人になって、物理の才能が開花した。


しかし、物理と数学以外は、あまり良くなかった。

スイスのチューリッヒ連邦工科大学を受験するも失敗。
しかし数学と物理の点数が最高点だったため、アーラウのギムナジウムに通うことを条件に、翌年度の入学資格を得られることになった。

世界でトップレベルの難関大学のチューリッヒ工科大学で、数学と物理の点数が最高点だったとはすごい。
これは、小さいころからの努力の賜物。

ウィキペデイア  チューリッヒ工科大学


また、文字のスペルを間違えたり、数字や記号の記憶が苦手であった。これは、物理の能力とは、かなり異なる能力だからかもしれない。

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

「相対性理論」を楽しむ本 [ 佐藤勝彦 ]
価格:514円(税込、送料無料) (2017/4/20時点)

 

ウィキペディア アインシュタイン より引用

 


「彼は常に発明はユニークな発想と考えており、自身を天才であるとはいささかも思っていなかったという。
それは彼の「私は天才ではない。ただ人よりも長く一つのことと付き合っていただけだ」との言葉にも表れている。」

「小学生のように、スペルを間違えることがままあったという。また、「R」の大文字を生涯鏡字で書き続けた。」

「簡単な数字や記号を記憶することが苦手だったとされる。
ある新聞社のインタビューの中で、光速度の数値を答えられず、記者から揶揄されると「本やノートに書いてあることをどうして憶えておかなければならないのかね?」とやりかえしたという。」



学問、芸術、スポーツなどで秀でるには、1つのことに興味を持ち、長い間、努力をし続けることが大切。
自分の適性を知り、長所を伸ばすこと。

 

-お役立ち情報

Copyright© 日常 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.