将来は、メガネやコンタクトレンズが必用なくなる

将来は、メガネやコンタクトレンズが必用なくなる

 

2062年の未来人

Q.眼科分野の発展は?メガネやコンタクトレンズは健在か?サイバーアイは?
A.メガネやコンタクトレンズは存在しない。
(2010/11/21)

 

2062年の未来人は、「メガネやコンタクトレンズは存在しない」と言っている。おそらく、将来は医療技術の発達で、メガネやコンタクトレンズは必要なくなる。サングラスはあるかもしれない。


メガネやコンタクトレンズが必要なくなると、これらの業界は、大きく衰退する可能性が高い。
現在、メガネやコンタクトレンズの仕事をしている人や、将来にしようとする人は、将来は、これらの仕事が減少する可能性があることを考えていたほうがいい。


将来は、医療技術の発達で、ほとんどの病気が治せるようになるらしい。
そうなると、健康に関する産業のなかには、衰退する産業もいくつか出てきて、仕事を失うことになる。

頭のハゲや薄毛も治療可能になるようなので、かつらや育毛、増毛の業界も大きく衰退する。

 

【処方箋不要】 【送料無料】 メダリストワンデープラス 90枚パック 2箱セット 

 

 

コンピューターのAIの急速な発達で、人の仕事が無くなる分野が出て来きていますが、医療なども同じように、仕事が無くなる分野が出てくる。

人の仕事は、時代と共にどんどん変化していく。
これから発展する仕事を選び、衰退する仕事は避けるようにすること。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です