日本の野球を強くする方法(1)

日本の野球を強くする方法(1)

日本の野球を強くする方法を、いくつか書きます。


視力と動体視力を徹底的に鍛える

今は、小学生のころからパソコンやスマートフォンを使用しているので、近視が急増している。近視のためにスポーツを諦める人が、昔からとても多い。
 近視が増加すると、視力が必要なスポーツの競技人口が大きく減る。


毎日遠くを見る習慣が大切。
以前に視力回復法を書きました。
近視の視力回復法
野球の場合、視力1.0くらいは必要。


動体視力を上げるには、小学生のときから、毎日速い球を打ったり、捕ったりすることを繰り返す。

野球大国キューバでは、子供が口から吐き出したトウモロコシの種を、木の棒で打つ練習をする子が多い。
お金が無くても、知恵を出せば、いい練習ができる。

小さいものを打つので、視力が鍛えられる。ミートする力も付く。日本の子供も、種などの小さいものを打つ訓練をするといいかもしれない。


・深く考える

野球は、走、攻、守、戦術などあらゆる面で、頭脳を使えるスポーツ。深く考えれば考えるほど、いいアイデアが出るし、面白い。


・野球の歴史を学ぶ

日本のプロ野球の歴史を、本やビデオなどで学ぶ。
先輩たちの努力し築いてきたものや経験してきたものは、宝の山。これを学ぶことが、ものすごく勉強になるし、受け継いでいかなければならない。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です