捨てる薬は宝の山

捨てる薬は宝の山

私は、以前に風邪になりその後、歯医者さんで親知らずを抜きました。お薬を頂きましたが、お薬が少し残った
風邪薬は、風邪が早く治ったので、
お薬が残った。
歯医者さんの抜歯の痛み止めは、歯茎が痛くなかったので、飲まなかった。出血を止めるカーゼも使わなかった。


せっかく高い技術で作ったお薬を捨てるのは、もったいない。リサイクルすれば、地球に優しいエコになるし、ごみ処分の費用も削減できる。

 

 


潜在的な飲み忘れ等の年間薬剤費の推計は、
約500億円
日本だけで、もの凄い額のお薬が、無駄になっている。リサイクルできれば、お薬は宝の山となる。


薬局の残薬をリサイクルすることが、日本で始まっている。薬局だけで、年間100億円分以上の薬が、期限切れで廃棄されているという。

余った薬をリサイクル!薬局の残薬を有効活用


これからは薬局だけでなく、病院や老人ホームや家庭で残ったお薬もリサイクル可能にしていただきたい。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です