京都文化博物館へレオナルド・ダ・ヴィンチ展に行った

 

leonardodavinci2-680x272

京都文化博物館へ『レオナルド・ダ・ヴィンチと「アンギアーリの戦い」展』へ行きました。

それぞれの絵画が発する波動、オーラがありますが、上にある絵画のダ・ヴィンチの「タヴォラ・ドーリア」は、この展覧会の数ある絵画の中でも、やはり断トツにいい波動を感じます。

この絵画は人が殺しあう戦いの絵画なのですが、怖さはあまり感じません。絵画のタッチが柔らかく、まるで天国で描かれたような感じがします。
ダ・ヴィンチの優れた人格が、この絵画によく表れている。

ダ・ヴィンチの「タヴォラ・ドーリア」は未完成で、不明な点がいくつかあります。しかし、東京芸術大学の方が彫刻で見事に絵画を再現しています。これで絵画の全体がとても分かりやすくなりました。芸術的にもすばらしく、いい仕事をしています。
この他の名画も彫刻で再現してもらいたいです。

topicsfeb0a8aeff6fc539a8c47a59ede194d4

 「タヴォラ・ドーリア」の複製絵画(1800円ほど)と絵葉書を購入し、額に入れて家に飾りました。とても気に入りました。

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です