日本にカジノ建設は、大きなマイナス

 

 

日本にカジノ建設は、大きなマイナス

日本の経済活性化のために、カジノを作る案があります。
しかし、これは長い目で見ると、経済的に大きなマイナスです。

日月神示には「神の世では、博打(ばくち)、娼妓(しょうぎ)は無く致すぞ」とある。娼妓とは、売春婦のこと。


波動の高い世界では、低俗な博打や売春は、存在しない。

神の世では皆、神から出る真・善・美・愛のはたらきに奉仕している。

博打や売春は、真・善・美・愛のはたらきではない。価値のない行為。価値のない行為をしても、国は発展しない。
カルマを作り、むしろ衰退する。

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ひふみ神示〔新版〕 [ 岡本天明 ]
価格:8640円(税込、送料無料) (2017/3/6時点)

 


カジノの建設費は、約1兆5000億円もかかる
このお金は、税金が使われるでしょう。


大きなカルマを作る
カジノなどのギャンブルや売春にはまり、大金を消費すると、大きなカルマを作ることになる。このことを知らない人が、まだ多い。
そのカルマは、事故や病気などで解消される。

その治療にも、多くのお金がかかる。


ギャンブル依存症の増加

ギャンブル依存症は、麻薬のようなもので、脳に悪影響があり、やめられなくなる。そして、借金をどんどん増やす。

クローズアップ現代」 “ギャンブル依存症” 明らかになる病の実態


犯罪や自殺の増加
人は、大きな借金を作ると、精神的に追い込まれ、その返済のために犯罪に走ったり、自殺することがよくある。
ギャンブル依存や犯罪の対策に、国民の税金が使われれる。


 家庭崩壊や病人の増加

   病気や自殺、刑務所に入ると、家庭崩壊になる。何十年も普通に働けなくなるので、その経済的損失は、大きい。


もし、自分の家族や親せき、友人、知人が、カジノで犯罪や自殺、家庭崩壊、病気になったとしたら、最悪です。
自分も悪影響を受けて、生きにくくなる。


これらを見ると、博打にはさまざまな面で、悪いことが多い。

カジノのプラスとマイナスの面を考えると、経済的にも人の幸せにも、大きなマイナス。


政治家は、カジノのこれらの負の面を知っていながら、カジノを作ろうとしている。国民を幸せにする政治家として、無責任な行為。

カジノに賛成した政治家は、カジノで不幸になった人々の責任を取らされることになる。


福島第1原発の事故処理に、20兆円もかかることになった。今後、国民が何十年もかけて、負債を支払い続ける。
この先も、数十年以内に、南海トラフ地震などで、福島と同じ大事故が起きる可能性がある。そうなると、また何十兆円も借金を抱える。


日本にカジノを作ると、日本はまた兆単位の、大きな負債を抱えることになる。


博打、娼妓、原発、有害な食品添加物、海のプラスチックゴミ
などは、無くしていかなければならない。

 

日月神示

天つ巻 第20帖

神の世と申すのは
今の臣民の思っている様な世ではないぞ
金は要らぬのだぞ
お土からあがった物が光って来るのだぞ
衣類食べ物、家倉まで変わるのだぞ
草木も喜ぶ政治と申してあろうがな

誰でもそれぞれに先の分かる様になるのぞ
お日様もお月様も山も野も
光り輝いて水晶の様になるのぞ
悪はどこにも隠れる事出来ん様になるのぞ
博打(ばくち)、娼妓(しょうぎ)は無く致すぞ

雨も要るだけ降らせてやるぞ
風もよき様に吹かせてやるぞ
神を讃える声が天地に満ち満ちて
嬉し嬉しの世となるのだぞ

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です