エコな充電池 エネループ ハイエンドモデル パナソニック

 

エコな充電池 エネループ ハイエンドモデル パナソニック

乾電池より充電池のほうが、圧倒的に環境への負荷が小さい。
CO2排出量と廃棄物量に大きな差がある。

値段もはるかに安く済む。

エネループのスタンダードタイプは、約2100回、ハイエンドタイプは500回も使える。ハイエンドは500回ですが、1年間に5回充電しても100年持つ。


充電池を充電するのは、少し手間がかかる。

スタンダードより充電の手間が少ないので、自分の電池は、単1から単4まで全部ハイエンドにしている。


10年後20年後には、進化した充電池が出ると思うので、充電池を使い切る前に、新たな充電池を使うようになると思う。

今の充電池は、10年持てばいい。
エコな電化製品は、たくさん開発されている。

 

 

 

楽天の電化製品のお店は、たくさんありますが、ビックカメラは大きいお店なので安心感がある。ここでよく買っています。

充電池でエコ活動をしよう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です