放射能汚染を防ぐ微生物

放射能汚染を防ぐ微生物

福島の原発事故で、放射能汚染水の流出が深刻な問題です。
海中の微生物には、放射能を浄化する力がある。
これを活用することが重要。
 

世界平和教授アカデミー」のサイトより

1945年8月6日,広島原爆投下の前の晩,広島大学の職員8名が,日本の伝統的発酵酒を飲み、眠りについた。

翌朝,原爆投下地点から半径1キロメートルの中にいた人は、全員死亡したが,彼ら8名は生き残った。
発酵酒の中の微生物,そして彼らが生産した酵素の複合作用ではないかと推測された。


原爆投下半年後に,小さな植物が芽を出し始めた。
そして1年後には,人間が住むことのできる環境に変化した。
土壌の中の抗放射能微生物の作用によって,放射性物質が次第に減少したためだという。


生物史から、自然の摂理を読み解く」のサイトより

housyanoujyokyo1012000

光合成細菌が「重金属イオン吸着能力」を使って、放射能を除去する。

 

サイキック 宇宙人のメッセンジャー」のサイトより

このサイトは閉鎖された。

宇宙人の先生たち 「私たちも、地球の汚れた海を戻すのに力を入れています。そして、何かUFOから光線のようなのが福島原発の近くの海へ放たれている場面が見えました。
微生物の力があります。私たちの光線は微生物の力を大きくする力があります。」
 

宇宙人の先生たち 「土には空気中の有害物質を吸収する力があります。気化した金属を土は吸収します。住宅街でも土の部分を残すことが
大事です。」  

 

地球人より進んだ科学技術を持つ宇宙人たちが、福島の原発事故の被害を少なくしてくれているとは驚きました。
何の見返りもないのに、人に知られずに地球の人々を助けてくれているのは、すばらしい活動です。
とても感謝しています。

宇宙人や微生物の力がなければ、福島の被害は、もっと大きくなっていたことでしょう。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です