放射能被害を防ぐには、日本の味噌汁を食べるといい

放射能被害を防ぐには、日本の味噌汁を食べるといい

福島の原発事故で、福島の住民への放射能の被害が深刻です。放射能被害を防ぐには、日本の伝統的な味噌がいいです。

味噌や納豆には「ジピコリン酸」という物質があり、放射性物質を体外に排出する作用があるとされています。

 

サイキック 宇宙人のメッセンジャー」のサイトより
このサイトは閉鎖されました。

これは、長崎の原爆で被爆した秋月辰一郎医師が発見したそうです。秋月医師は、長崎の原爆で被曝した患者に、塩辛い味噌を投与しました。

秋月医師「爆弾をうけた人には塩がいい。玄米飯にうんと塩をつけてにぎるんだ。塩からい味噌汁をつくって毎日食べさせろ。そして、甘いものを避けろ。砂糖は絶対にいかんぞ」

「放射線宿酔」と呼ばれる。レントゲンを受けたあとに起こることがある全身の倦怠や筒宇などの症状には、体験上、生理食塩水より少し多めの塩分を含んだ水を飲むとよいということをとっさに思い出し、原爆の放射能から体をガードするには、塩が有効であることを推理した。

306143_1300026204

秋月辰一郎医師

 

福島付近の方は、味噌汁を毎日食べることです。
遠方の方は、健康のためにも2日に1度は、味噌汁を食べるといいです。
全国の学校の給食にも、味噌汁を頻繁に出すといいです

味噌汁を食べると、おなかが温まり、体が生き返った感じがする。

私は、福島の原発の被害は少ないですが、被爆した食べ物や水が住む所に来ている可能性があるので、味噌を食べるようにしています。

今は健康でも、3年後5年後に癌や精神病や奇形の子供が生まれる場合もある。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です