未来では、日本の話芸が世界的に人気

 

未来では、日本の話芸が世界的に人気

2062年の未来人やTiger氏によると、「スピーカー」という仕事が世界的に人気らしい

日本の伝統芸能である落語や怪談から引き継がれたもので、さまざまな情報を提供するときに活用されている。


これは、昔から日本の噺家、講談師、怪談師などが、努力を積み重ねてきた功績が大きい。昔から積み重ねてきた文化が、未来へ受け継がれる。
これからも見事な話芸で、人々を楽しませてもらいたい。

私も落語や稲川淳二の怪談などが好きで、たまに聞いています。
言葉と仕草だけというシンプルなのがいいです。


スピーカーは、収入も高いでしょうから、話すことが好きな人は、落語や怪談を勉強して、将来は有名なスピーカーを目指すのもいい。


未来は、ロボットが進化して、人間に近い存在になっていると思いますが、名人の
話芸の味わいには、かなわない。


日本の話芸が、これからもますます発展していく。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です