お役立ち情報

電気を使わず太陽光を活用し、環境負荷を減らす

更新日:

電気を使わず太陽光を活用し、環境負荷を減らす

現在、地球は温暖化が急速に進んでいて、環境負荷を減らすことが急務。
そのひとつに、電気をなるべく使わないこと

私は、晴れの日は、なるべく公園や街で散歩したり読書をしています。家の中や庭でも、電気をつけなくても太陽光の当たる所で読書などは、十分できる。

1日1時間、家の電気をつけず、無料の太陽光を活用すると
1年間で365時間ほどの電気の節約になる。
2時間では730時間。

これが1千万人、3千万人と増えていけば、大きな電気の節約になる。

以前のブログで書きましたが、太陽光に当たるのは、健康にもいい。肉体的、精神的に辛いときは、体が蘇る。太陽光は、ものすごいパワーのある光。


野球などのスポーツも、ドーム球場では、年間で膨大な電気を使う
スポーツも、なるべく太陽光の下でした方がいい。
ナイターの場合は、太陽光発電やLED電球を使えるようになると、更に良い。


日本は2020年に、年間4000万人の外国人観光客数を目標にしていますが、それが実現すると、日本の環境負荷も激増する。
ゴミのリサイクルや太陽光発電などで、環境負荷を減らすことも急務。


地球のために、無料の太陽光を使おう。

 

-お役立ち情報

Copyright© 日常 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.