午後にコーヒーを淹れて飲むのを止めた

午後にコーヒーを淹れて飲むのを止めた

私はコーヒーが好きで、毎日、朝と夕方にコーヒーを自分で淹れて飲んでいました。
しかし、毎日忙しくて、コーヒーを淹れる時間がもったいないと思い、午後のコーヒーを止めた

たまに家で飲む程度。
喫茶店でも、たまに午後に飲む。

コーヒー豆を買い、コーヒーを淹れて、コーヒーを飲み、コーヒーカップや器具を洗う時間を合計すると、1回に20分ほどかかる

年間で20分×365=7300分≒121時間にもなる。
   30分では約181時間

この時間をコーヒーを飲むよりも、価値のあることに使うといい。
しかし、温かい飲み物は、体に良いので、すぐに飲めるココア、お茶、
白湯や/などを飲むといい。


インドのアーユルヴェーダでは、コーヒーは南国の植物なので、 体を冷やし、体を興奮状態にする。

朝の6時~~10時までは、カパのエネルギーが高まり、体が重くなっている時間帯。 この時間帯にコーヒーを飲むのはいい。

朝起きてから、お水、お茶、白湯などを飲む。
その後に、軽い体操で体を覚ます。
その後、コーヒーを飲むといいです。

私は、コーヒーは、朝が一番美味しく感じる。
やはり、コーヒーは
朝が健康にもいいようです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする