火の雨は、隕石の可能性

流れ星

以前に、地球に火の雨が降ってくる可能性を書きました。

近い将来、天から火の雨が降ってくる可能性がある

ひふみともこ氏の神示には、火の雨は隕石と書いている。

「来たる日、天は裂けて落ち、空から無数の隕石が、
数え切れぬ程の火の星が、降りて落ちなん、襲い来るらん」

火の雨は、多くのミサイルが落ちてくるという説もあります。

しかし、ミサイルは数に限りがあり、地球全体を破壊するほどの広範囲に落ちることはない。
ミサイルは、一部の地域を破壊するだけです。

人が作ったミサイルよりも、無数の巨大隕石が落ちてくる方が遥かに破壊力が高い。

過去には、多くの惑星に巨大隕石が衝突し、大爆発したことがある。

隕石は火の玉に見える

隕石の映像を見るとわかりますが、これはまさしく火の玉(火球)です。
これが無数に降ったら、轟音とともに火の雨が降ることになる。

そのとき地球人は、地獄の世を見ることになる。

宇宙人が隕石を破壊してくれた説

宇宙人が隕石を破壊して、人間を守ってくれたという説があります。

はやし浩司氏

これはものすごい科学技術です。
地球人には不可能。
しかし、隕石の破壊は、彼らにとって簡単なことなのでしょう。

もし事実なら、守ってくれた方に、心より感謝いたします。

今回の隕石の接近は、日本に隕石が衝突して大爆発したかもしれません。
かなり危なかったと思います。

人は流れ星を見ると願いが叶うと思っていますが、隕石が地球に衝突すると、大事件になることがある危ないものです。

宇宙人が、火の玉を見せてくれた説

実は、私は「火の雨は隕石のことではないか」と、ここ数日考えていました。
そのときにタイミング良く、隕石が日本の地表近くまで来たニュースがあった。

これは、もしかすると宇宙人が、火の雨は隕石のことであること見せてくれたのかと思いました。

宇宙人が隕石を破壊するなら、今回のように地表30キロ近くまで隕石が落ちるよりもっと前に破壊するのが普通だと思います。
おそらく、地球周辺の宇宙空間で隕石を破壊しているのではないでしょうか。

もし事実なら、宇宙人が私の考えたことを読み取り、隕石(火球)を地表30キロ近くまで見せたことになる。
私は、宇宙人の能力すごさに本当に驚愕するでしょう。

しかし、これはたぶん偶然だと思います。
いや、怖いので偶然と思いたい。

過去に巨大隕石が地球に落ちる危機

人の長い歴史で、大きな隕石が地球に落ちて大爆発して、多くの人が死んだことは一度もありません。
他の惑星では大爆発したことが何度もある。

地球に直径400kmの隕石が衝突したら

この動画は、地球に巨大隕石が衝突したらどうなるかシュミレーションしたもの。
地球が全滅する。
過去には、本当にこのような危機があったかもしれません。

しかし、過去に宇宙人が、巨大隕石の衝突から地球を守ってくれたことがあったかもしれません。

これが事実であれば、人は宇宙人にいくら感謝しても感謝しきれないほどです。

ありがとうございます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする