人の幸せは、神との交流の歓喜

 

人の幸せは、神との交流の歓喜

 

人の幸せは、美味しいものを食べることや、異性との恋愛や、お洒落な衣服を着る、趣味に打ち込むなどさまざまなものがある。

これらは、とても楽しいものです。

 

しかし、目に見えないものからくる歓喜が存在する。

 

日月神示には、
元の喜びは霊の食物を食ふことぞ」
「次には神との交わりぞ。交流ぞ。和ぞ。」
「神との結婚による絶対の大歓喜あるのぢゃ」
とある。

 

神との結婚が、永遠の歓喜を生む。
神との交流を求め、日々の仕事に努力することです。
そうすると、神との交流が少しずつ分かってくる。

 


日月神示

月光之巻 第38帖

はじめの喜びは食物ぞ。次は異性ぞ。
何れも大きな驚きであろうがな。
これは和すことによって起るのぞ。
とけ合ふことによって喜びとなるのぢゃ。

よろこびは神ぢゃ。和さねば苦となるぞ。
かなしみとなるぞ。
先づ自分と自分と和合せよと申してあろうが。
そこにこそ神の御はたらきあるのぢゃ。

ぢゃがこれは外の喜び、肉体のよろこびぞ。

 

元の喜びは霊の食物を食ふことぞ。
その大きな喜びを与へてあるのに、
何故 手を出さんのぢゃ。

その喜び、おどろきを何故に求めんのぢゃ。
何故に神示を食べないのか。
見るばかりではミにつかんぞ。
よく噛みしめて味はひて喜びとせんのぢゃ。
喜びが神であるぞ。

 

次には神との交わりぞ。交流ぞ。和ぞ。
そこにはかつて知らざりし

おどろきと大歓喜が生れるぞ。

神との結婚による絶対の大歓喜あるのぢゃ。
神が霊となり花むことなるのぢゃ。
人民は花よめとなるのぢゃ。
判るであろうが。

 

この花むこはいくら年を経ても
花よめを捨てはせぬ。
永遠につづく結びぢゃ。
結婚ぢゃ。

 

何ものにも比べることの出来ぬ
おどろきぞ。よろこびぞ。
花むこどのが手をさしのべてゐるのに
何故に抱かれんのぢゃ。

神は理屈では判らん。
夫婦の交わりは説明出来まいがな。
神が判っても交わらねば
神ととけ合はねば真理は判らん。

 

なんとした結構なことかと
人民びっくりする仕組ぞ。
神と交流し結婚した大歓喜は、
死を越えた永遠のものぞ。
消えざる火の大歓喜ぞ。


これがまことの信仰、神は花嫁を
求めて御座るぞ。
早う神のふところに抱かれて
下されよ。


 

 

漢字の書き順が分かるサイトが便利

 

漢字の書き順が分かるサイトが便利

 

漢字の「筆順(書き順)」をアニメーションを使って、紹介しているサイトが便利です。

漢字のさまざまな読み方や、熟語なども分かる。

漢字の正しい書き順

 

App Storeでアプリもある。
スマートフォンで漢字を知ることができる。
レビューの評価も良い。

常用漢字筆順辞典【広告付き】

 

以前に、日々、漢字を書くことが大切だと書きました。

毎日、漢字を書く練習をする

 

私も日々、紙に書いたり、指で机の上に書いたりして、漢字を覚えるようにしている。
しかし、漢字は膨大な数なので、毎日書いても全部覚えることは、ほぼ不可能。
私は、書けない漢字がとても多いことに、日々反省している。

 

現代は、小さいころから便利なパソコンやスマートフォンなどがあるので、漢字を書く機会が減っている。
その結果、漢字が書けず、日本語の文章も書けない人が、大きく増加する可能性がある。

 

 

天王寺公園 「SPOONBILL」 コーヒーとレモンケーキとフィカス・プミラ

 

天王寺公園 「SPOONBILL」 コーヒーとレモンケーキとフィカス・プミラ


2
018年2月19日 大阪の天王寺公園の「てんしば」へ行きました。
ここは、2015年に大きく変わった。
以前は、浮浪者やカラオケ店などの存在で、あまり行きたくない場所でした。
それが、2016年にグッドデザイン金賞を受賞。これは凄い。

 

現在は、飲食店や子供の遊び場などがある。
公園の楽しい雰囲気に心が和む。

子供が、のびのびと体を使って遊べる場所があることは、子供の発育に良い。
こういった場所が、他にももっとできるといい。

公園の奥へ行くと、まだ工事をたくさんしていた。
これからも大きく変わっていく。

 

てんしばの「SPOONBILL」へ行きました。

アメリカ西海岸をイメージした店内で、植物が多くリラックスできる。
レモンケーキ (380円)とブレンドコーヒー (450円)を注文。税抜き。
観葉植物のフィカス・プミラ 400円。税抜き。

 

レモンケーキは、レモンの酸っぱさがいい。
380円の割に小さいので、もう少しサイズが大きいと嬉しい。

赤いスコップのような可愛い皿にケーキが載っていた。
やや皿が小さい。ケーキがこぼれてしまう。

販売用の観葉植物を店内にたくさん置いていた。
フィカス・プミラを買った。



これは上にはあまり伸びず、横に伸びるので、上に置いて下に葉を垂らしたりする。
茎の途中から出る気根を壁や他の木の幹ににくっつけて、上にもよじ登っていく。
大切に育てていきたい。

 

難波高島屋の「銀座若松」 パフェ

 

難波高島屋の「銀座若松」 パフェ

 

2018年2月16日に難波高島屋の「銀座若松」へ行きました。

みつ豆にこしあんと黒蜜を合わせた「あんみつ」は、昭和5年にこのお店で誕生した。

パフェが、高島屋の会員証を提示すると、100円ほど割引なので、これにしました。
810円 (税込)。

 


内容は、焼いた小さい餅2個、マロン、抹茶のアイス、生クリーム、小豆、ゼリー など。

上に乗っている丸いもなかの皮が、日本の昔の被り笠を思わせて面白い。
日本古来の和菓子という印象を受ける。

餅と小豆があるので、お腹がけっこう膨れる。

生クリームは油分があるので、私はやや気分が悪くなる。
個人的には、生クリームが多く感じたので、この半分でも良い。

 

和菓子は、油分が少なく、あっさりしたものが多いので好きです。
油分が少ないほうが、健康にも良い。

緑茶が付いていたので、よりスッキリした味わいになる。

美味しかったです。

 

朝に公園を散歩 小さな幸せの時間


朝に公園を散歩 小さな幸せの時間

以前に、太陽光を浴びるのが健康に良いことや、
近視回復に遠くの緑を見ることが良いと書きました。

朝日と夕日を毎日浴びて、光を食べる

近視の視力回復法

 

私は、最近は、朝に近くの公園を散歩しています。
これは、日々の小さな幸せの時間の1つです。

その利点をいくつか書きます。

 

・遠くの緑を見るのは、目に良い。

・綺麗な空気を吸える。

公園は、緑と土が多い。
緑は、二酸化炭素を吸い、酸素を出す。
土は、有害な物質を吸着するので、空気が綺麗。

 

・太陽光を浴びると、元気になる。 目が覚める。

どんな天才やお金持ちでも、太陽ほどの光と熱を出す大きな球体は作れない。
太陽は、偉大な存在です。
しかし、この先は、温暖化やオゾン層の破壊などで、太陽光を浴びれなくなる可能性がある。

 

・犬の散歩を見て癒される。

公園で犬の散歩をしている人をよく見かける。
可愛い犬を見るだけで癒される。

 

・散歩は良い運動になる。

毎日数十分間、歩くことは健康の基本。

 

・散歩は、良いアイデアが出る。

創造的な仕事をしている人で、 散歩のときに、いいアイデアが出る人がいる。
そのため、散歩を日課にしている人が少なくない。

 

・散歩すると、ものが覚えやすい。

俳優がセリフを覚えるのに、散歩しながら覚えると、頭に入りやすいという人がいる。
歩くと、脳が活性化するのかもしれない。

 

いろいろと書きましたが、ただ公園などを歩くだけで、これだけの利点がある。

小さいころから、公園や山や川などを毎日歩いたり、遊ぶといいです。

 

平昌五輪 羽生結弦 2大会連続の金メダル ドキドキした

 


平昌五輪 羽生結弦 2大会連続の金メダル ドキドキした

2018年2月18日

 

2月17日 平昌五輪のフィギュアスケート男子で、羽生結弦選手(23)が、2大会連続の金メダルに輝いた。

羽生選手のフリープログラムが始まる前、私はテレビの前で、心臓がドキドキした。
これだけドキドキしたのは、久しぶり。

選手寿命の短いフィギュアスケートで、2大会連続の金メダルは、すごい。

 

演技の曲の「SEMEI」のバンバンと二度鳴るときに、両腕を広げるのがいいですね。
表彰台でもしていました。私も何度か真似しました。

選手の衣装に注目

羽生選手の衣装が、すてきでした。

ショートプログラムの衣装は、白と水色で爽やか。

フリープログラム「SEIMEI」の衣装は、陰陽師(おんみょうじ)の安倍晴明を思わせる高貴な感じを受ける。

 

私は、あまり詳しくないですが、易占いで「梅花心易」というのがある。
これは道具を用いず、占断する年月日時や周囲のあらゆる物から易卦を立てる。
人の服装の色などからも占える。
人の服装も、運勢と大きく関係がある。

以前にも書きましたが、日月神示
自分を霊とすると衣は体、衣着た自分を霊とすれば家は体、
家にいる自分を霊とすれば土地は体であるぞ
 (冬の巻 第1帖)」

とある。

 

衣服は、人格の現れなのです。
いい衣装を着るためは、選手の人格が高くないと、なかなか着れない。

フィギュアスケートの選手は、人格が高くて美男美女が多い。
人格者でなければ、ファンも応援しない。
とても尊敬します。

 

やはり、日々、身魂を磨くことが大切だということです。
それが成績向上につながる。

 

ライバルと言われた、浅田真央とキム・ヨナの衣装を見てみるのもいい。

野球やサッカーなどの、世界各国のユニフォームのデザインセンスの高さと、スポーツの実力を見てみるのも面白い。

 

 

6ヶ月間の地下鉄の定期券を購入

 

6ヶ月間の地下鉄の定期券を購入。 価格は56,430円。

ICの定期と磁気の定期がある。
私は磁気の定期を買った。
多くの場合、価格はどちらもあまり変わらないと思う。
気になるなら、駅員さんに聞いてみるといい。

磁気定期券は、ピンク色の券売機で購入できる。

 

定期券は高価なので、6ヶ月間の途中で通勤を止めないかとか、間違って買ったらどうしようと、やや不安になる。

しかし、定期券は、現金での払い戻し無し。
紛失しても、払い戻し無し。

 

たまに失くしたり、途中で定期を使わなくなる人もいるので、これらの場合、返金してくれる仕組みがあると、ありがたい。
数万円でも、戻ってくると助かる。


駅で使用済みカードを回収し、リサイクルしている。
使用したカードや切符は、年間で膨大な量になる。
エコで、
とても良い取り組み。

 

定期券の良いところは、範囲内なら、何度乗り降りしてもお金がかからないこと。
私もいろんな駅に降りて、行きたい場所に行っている。
行動範囲が広がった。

 

「ダマンリュミエール」60食限定ワンプレートランチ

 

2018年2月9日に、大阪の難波高島屋のダマンリュミエール」で60食限定ワンプレートランチを食べました。

価格 1950円。 紅茶900円 割引350円=550円。
合計2500円。

「ダマンリュミエール」は、ミシュラン星シェフ唐渡泰さんプロデュース。

 

週替りのワンプレートランチは、大きな皿に6種類入っている。

  • 牛肉の煮込みを茄子器にのせて丸ごとパイ包み焼き
  • 海老と野菜のうるち米付け焼き 人参のエッセンスを添えて
  • ブッコリーとカリフラワーのガトー
    ディル風味乳化ソースとご一緒に
  • 瑞々しい野菜のマリネ 貝の旨味ジュレのアクセント
  • 長時間丸ごとローストして甘味と旨味を閉じ込めた南瓜のスープ
  • 本日の日替わりパン2種類

13時までの特典に、デザートがサービスされることもある。

 

 


料理を食べた感想

料理のデザインや色使いが、お洒落。
デパートにあるフランスのシャネル、エルメス、ヴァンクリーフアンドアーペルなどの美的感覚の高さに共通するものがあると思う。
シェフは日本人ですが、フランス料理をよく勉強していると感じる。

 

パイ包み、マリネ、スープなど6つの多彩な味や食感が楽しめるのが楽しい。
このあたりが、フランス料理は、とても優れている。
他の国は、なかなかできない。

 

今回のランチは、クリーミーな料理や肉などがあるので、油分が多く、私は、食後にやや気分が悪く感じた。
料理の味や栄養の点では、ご飯、お味噌汁、焼き魚などのあっさりした和食の方が、多くの日本人には合っている
毎日食べる料理は、やはり和食。
 

紅茶は、おすすめの紅茶を注文した。
そして出てきたのが、「ウーロンキャラメルバターソルト」。
グリーンウーロンに塩バターキャラメルの香りを付けたもの。
なかなか良かったですが、定番のダージリンなどの方が、やはり紅茶らしくて良かったです。

 

私の横の席は、中国の男女がいて、高島屋は外国人が多くなったなと感じた。
レストランも外国人で賑わうことは、良いことです。
日本に来てくれて感謝。

 

外国語の理解は、なかなか難しいですが、おそらく、数年以内に高性能の自動翻訳機が開発される
そうなると、通訳者なしでも、かなり会話できるようになる。

 

神も仏も、元は一つである (2)

 


神も仏も、元は一つである (2)


日月神示
にも、前回のひふみともこ氏の神示と同じく、釈迦やキリストやマホメットなどは、神の一つの現れであり、称え祀れと書いている。

それゆえに、釈迦、キリスト、マホメットなどの偉大な人物は、一緒に祀ってもいい。
釈迦の教えが良くて、キリストの教えがいけないという考えは、メクラであるということです。

世界中のさまざまな偉大な人物の教えを、どんどん学んでいくと良い。

 


日月神示 

月光之巻  第19帖 

釈迦、キリスト、マホメット
その他世界の生命ある教祖及びその指導神を
み光の大神様と
称えまつれと申してあろうが

img_20131110-063017.gifimg_20131110-063032.gifimg_20131110-063047.gifimg_20131110-063109.gif大神様の一つの現われぞと
申してあろうが
何故にみ光の大神様と
斎(いつ)き祀らんのじゃ、宗教しないのじゃ
そこにひかり教会としての力が出ないのじゃ

第23帖

他の宗教に走ってはならんと云う宗教も
それだけのもの
判らんと申してもあまりであるぞ
同じ所に天国もあり、地獄もあり、
霊界もあり、現実界もあり、過去も
未来も中今にあるのぞ

同じ部屋に他の神や仏をまつっては
ならんと申す一方的なメクラ宗教には
メクラが集まるのぢゃ

病気が治ったり運がひらけたり、奇跡が
起ったりするのみをおかげと思っては
ならん

もちと大き心、深い愛と真の世界を拝めよ
とけ入れよ 浄化が第一


 

 

神も仏も、元は一つである (1)

 

神も仏も、元は一つである (1)

以前にも書いた、ひふみともこ氏の神示に、神と仏について書いていました。
以前は、神と仏は別のものというイメージがありました。
しかし、元は一つであるということです。

 

ひふみともこ氏の神示

神から人へ ◎神と仏の違いについて◎

神も仏も、元は一つである。
仏は、神の教えを人に説くために働いた。
教えの根本には、同じことを教えている。

 

釈迦の重要な教えを学ぶ

私は、仏教については、学校や家庭では、あまり教わらなかった。
しかし、人類史上で偉大な釈迦の教えを学ぶことは、とても大切。
偉大なキリストも同じです。
私は最近になって、ようやく自分で学び始めた。

 

小学生のころから、少しずつ教わっておけばよかったと思う。
そうすれば、もっと賢明な生き方ができた。
日本の子供は、受験勉強で高得点を取ることに忙しい。

 

例えば、仏教では、殺生をしてはいけないことは、有名です。
生き物を殺してはいけないことを知れば、牛や豚などの家畜もなるべく殺してはいけないことも分かる

 

しかし、多くの人は、家畜を食べることは、悪いと思っていません。
重要な仏教の教えは、世の中にあまり浸透していない。
高学歴の人も、仏教を学んで生活に生かしている人は、あまりいないでしょう。

 

偉大な釈迦やキリストの教えをどんどん学んで、生活に取り入れることです。
それは、神の教えと同じ教えを学ぶことになる。