ガンやコロナ対策の健康法 よく噛む

よく噛む

 

以前にガンやアレルギーやコロナウィルスなどの病気を書きました。

その対策の​健康法のひとつは、

食べ物をよく噛むことです。

食事のとき、ひと口に50回ほど噛むと、ガンなどの病気になりにくいです。
ダイエットにも良い。ぜひ実践してみて下さい。

以前にも日月神示の健康法で書きました。

この食事法は、重要なので何度も書きます。
風邪やコロナなどで体調を崩したら、さらによく噛んで食べてみてください。
元気になりますよ!
これは、誰でも無料でできる、すごい健康法です。

小学校のときから先生が教えてもいいと思います。
私も小学生のころからよく噛む習慣をしていたら、もっと健康的に過ごせたと思います。
今の日本の子供は、アレルギーや喘息などの病気がとても多いです。
健康になると、日本の子供の貧困、幸福度、不登校、学力、体力なども大きく改善する。

金儲け目的の医療

今の日本や海外の医療業界は、お金儲けが重要なので、お金にならない健康法が広まらないように、あちら側が圧力をかけています。

何度もよく噛む健康法が広まると、医療は商売あがったりです。

ガン治療は大儲けできるので、ガンが増えるほど医療はボロ儲けできる。
誠実な医師が、ガンやコロナウイルス感染症にならない治療法を考えて広めようとすると、あちら側から妨害されるのです。
コロナによく効く日本のアビガンは、著名人には使われたのに、一般人には使われていない。

農薬や遺伝子組換えや肉などの毒で大儲けし、それで病気になった人の治療でまた大儲けするという、マッチポンプ詐欺の仕組み。
日本人のガンなどの病気がどんどん増えて、医療費も右肩上がりで増えている。
日本人がどんどん貧しくなる。

日本の政治家は、昔から農薬の多い小麦などの食料をアメリカから大量に輸入しています。
政治家は、農薬の危険性を日本国民に説明するべきですが、していないので多くの日本人は農薬について知らず、毎日農薬まみれの野菜を食べてしまっている。

私も昔から毒入りの野菜やお菓子を毎日食べ続けていたのです。
何も知らされていないことに、大きな怒りを覚える。
これは、アメリカと日本の政治家やモンサントなどの大きな犯罪です。
健康被害者による訴訟が、起きるかもしれません。

金儲け目的の医療は、やめないといけません。
多くの人が努力すれば、できると思います。

なわふみひと氏も、日本の食料の自給率の低さや、農薬やグルテンの多い小麦や肉食の急増で、日本人のガンやアレルギーなどが急増していることをブログに書いています。

輸入食品に日本は潰される

長生きしたけりゃ肉は食べるな

体によい食事 ダメな食事

 

それでもコンビニ食買ってませんか!?普通に買えるものが無い!? 

 


日本のケムトレイルと農薬のカルマ

飛行機

 

日本は農薬の使用量が、昔からとても多いです。

飛行機で日本中に毒を撒き散らすケムトレイルは、日本の農薬のカルマが関係しているかもしれないと思いました。

ケムトレイルと農薬には共通点がある。

どちらも何十年も昔から日本全国で、毒の化学物質を定期的に撒かれている。

農薬で昆虫や植物や土壌の微生物などが殺さて、大きなカルマを作る。
すると、そのカルマが人に返ってきて同じような被害にあうのではないか。

以前に、微生物が農薬で大量に殺されていることを書きました。

「農薬で殺された微生物が人間に逆襲」 

カルマ説は、あくまで可能性の1つです。間違っているかもしれません。

もし、これが事実なら、農薬をさらに増やせば、ケムトレイルの被害もさらに増える。
逆に農薬を減らせば、ケムトレイルの被害も減る。

 

宇宙人が、ケムトレイルを消して無害化してくれているという説もあります。
ケムトレイルを撒く飛行機の近くにUFOが写っている。
そしてケムトレイルが消えている。
これが事実なら、この宇宙人にとても感謝しています。

 

日本人のアレルギーやガンなどが急増

日本人のアレルギーやガンなどが急増しているのは、ケムトレイルや農薬や肉食(牛や豚は、遺伝子組み換えや農薬の多い飼料を食べている)が大きな要因のひとつである可能性が大きい。

日本の野菜の農薬使用やモンサントの農薬使用の野菜の輸入を減らすことが急務です。
そのために努力している日本人はたくさんいます。
とても尊敬しています。

 

 

 


レプティリアン(爬虫類人)の特徴 瞬膜など

レプティリアン

 

レプティリアン(爬虫類人)の特徴について

爬虫類人だけど質問ある?の書き込みから引用。

このレプティリアンの書き込みは、本当なのか不明なので参考程度です。
また、本物であったとしても、嘘や間違いを書いている可能性もあるので要注意です。
しかし、興味深いことが、たくさん書かれている。

日本に住む地球原産のレプティリアンによると、レプティリアンの特徴について

画像さえ送れたら舌の長さや、
斑点つきのまだら模様の黒と茶色と緑の鱗皮膚や、

脊椎が2本ある背中や尻尾や背中の突起物を見せられるのにな。
あともちろん瞬膜と縦長の瞳孔もね
と言っている。

ニセモノが特徴を聞かれて、ここまで詳しく書ける者は少ない。

 

爬虫類には、昔から目を保護する瞬膜がある。

この動画が本物かは分かりませんが、レプティリアンの瞬膜は、これとほぼ同じでしょう。この動画は貴重です。削除されるかもしれないので、保存するといいかもしれません。
政治家や著名人の目をよく観察すると、瞬膜が見つかるかもしれません。
今は、映像やインターネットの進化で、瞬膜やホログラムの見分けができるようになってきている。

レプティリアンは、いくつか種類がある

地球に住む動物の爬虫類に多くの種類があるように、レプティリアンにもいくつか種類があるようです。

地球の恐竜から進化したレプティリアン
宇宙のオリオン座や竜座などから来たレプティリアン

上の瞬膜の動画の解説によると

1)純粋なDNAのレプティリアン
2)レプトイド (ヒトと爬虫類のハイブリッド)
3)レプティリアンハイブリッド (非ヒトとレプティリアンのハイブリッド)
4)ドラコニアン

The Reptilian Collective consists of several branches.
1) Reptilian: (Pure DNA).
2) Reptoid: (Human- Reptilian Hybrid).
3) Reptilian Hybrid: (Non-Human – Reptilian Hybrid).
4) Draconian: Similar to the original Reptilians, but they’re physical.

彼らはリキッドクリスタル( liquid crystal holographic technology )という技術で人間に化けているという。
これは、ものすごい科学技術です。
宇宙へ自由に移動できるのも納得。

 

月に3m級のレプティリアンが100体以上もいた!

 

レプティリアンは、人間よりもはるかに長い文明の歴史があり、科学技術もはるかに進んでいる。
彼らは、遠い惑星から地球へかんたんに来られる科学技術を持っていることになる。

映画「ゼイリブ」にも、人々が地球から宇宙へ高速で飛んでいく場面がある。
これは、ワープかもしれない。

彼らの精神性は、あまり高くない。人間よりも上かは分かりませんが。
彼らが人間をバカにしたり、人間を食い物にする言動を見ると分かる。

 

ブガッティ Bugatti Chiron – Inside the Factory

 


ソニーの「3Dディスプレイ」とレプティリアンの「ホログラム」

 

ソニーが、裸眼で見られる3Dディスプレイを開発した。

空間再現ディスプレイ

 

モノ感がすごい。本物が、そこにあるように見える。
この先も3Dは、飛躍的に進化する。
平面だけのテレビ、パソコン、携帯は、少なくなるかもしれない。

 

レプティリアンのホログラム

この3Dを見て思い出したのが、
レプティリアン(爬虫類人)がホログラムを使って、人間に化けている説。

これは真実か分かりませんが、可能性はあると思っています。

以前にもレプティリアンについて書きました。
レプティリアン(爬虫類人)は存在するのか

日本に住む地球原産のレプティリアンによると、
小さなチップを体に付けて、ホログラムを作っているらしい。
ものすごい科学技術です。現在の人間には不可能。

人間も将来、3Dの進化でレプティリアンのようにホログラムで、他人に化けられるときが来るかもしれません。

 

2062年の未来人

「漫画はさまざま。今と大きく変わってるのは、ほとんどの読み物が、読まないでいいように作られている」

「きれいなLADYの立体映像が、状況映像を背景に自動読み上げしてくれる」

「私は今日まで“書籍での漫画”を読んだことが無かったのだ。
2062年モノは、今でいうセロファンのような薄い透明のチップ1枚で出来ており、 それを親指ほどの装置に差し込めば アニメーションが空中に浮かびあがり、動き出し、 自動読み上げるものばかりなのだ」

2062年の未来人は、読書は機械が読んでくれると言っている。
現在は立体映像は、どんどん進化している。
これも将来に実現するでしょう。

紙の本を読むことが、どんどん少なくなっていくでしょう。
しかし、読書が楽になりすぎると、弊害が生まれる可能性もある。
本を読む力は、小さい頃から文章を読んで、漢字も覚えながらついてくる。
学力には、本を読む力はとても大切。

 

エイリアン オリオン座のグループ レプテリアン ドラコ AI ディープステート


コロナや風邪の予防や回復に果物

オレンジ

 

2020年の12月の末に、私は体調を崩して喉が痛くなり、熱も少し出ました。

体調を崩して免疫力が下がると、コロナウィルスにかかりやすくなると思うので、早めに回復させようと思いました。

そのときに、みかんを食べると良い気がしたので、みかんを3個食べました。
みかんを食べてから、体が元気になった。

みかん、りんご、イチゴ、バナナなどが美味しい。

昔から果物ば良いと言われていますが、やはり、コロナや風邪の予防や回復に、日ごろから果物を食べると良いと思います。

 

 

ブガッティ・ヴェイロンの作り方 | ドリームカー誕生 (フル) |
期間限定公開 (ディスカバリーチャンネル)


詐欺メールに要注意! 開けてはいけない。

 

この悪質乗っ取りメールが来ても絶対クリックするな!
宅配業者からの不在通知!


宅配の詐欺メールです。

私の家族も同じメールが来ました。
危なかったです。
覚えのないメールやサイトは、
すぐには開いてはいけない。

 

メール

 

【新型コロナウィルス対策】免疫力を高めることが一番大切 
簡単にできる免疫アップ方法


ブログのページビューが0になった

zero

 

2020年の10月以降、私のブログのページビューが0になった。
それまでは、1日数十のページビューがあったのですが、10月以降にいきなりゼロになった。

ブログに何かの規則違反があったのかもしれない。
規則違反でページビューを0にするなら、理由をブログに知らせてほしい。
そうでないと、ブログを書いている人は、何が悪いのか不明のまま。

コロナが蔓延してから、アドセンスがクリックされても利益0も続いている。

ページビューが0になると、ブログを書く気がすごく失せてしまった。
私と同じ経験をした人は多いでしょう。

アドセンスに0になった理由を調べるように問い合わせても、問題ないという回答。

You Tubeでも制限が多い。
違反をすると動画やアカウントを消されたりする。
それでも、めげずに動画を作る人は、すごいです。

インターネットは、もっと自由に表現できるようにして頂きたい。

 

ワードプレスのパーマリンク設定の変更が原因か

少し前に、このブログのワードプレスのパーマリンク設定の変更をしました。
これがゼロになった原因かもしれません。
パーマリンク設定の変更を変更をすると、ページのURLが以前と変わるので、以前のリンクからアクセスできなくなる。

ワードプレスを使っている人は、要注意です。
これは、先に知っておくべきことでした。

 


ウソの金儲け、宇宙人、霊界情報にダマされない


ウェブサイト、You Tube、本に

嘘の金儲け情報、宇宙人、霊界、予言は多い。
どんな情報でも、すぐには信じない。
騙されない。

 

詐欺師
お金

 

マルチ商法にハマるとどうなる?ネットワークビジネスの闇…


宇宙人に会ったミシェル・デマルケは要注意

宇宙人

梶原 煌平(カジワラ コウヘイ)氏のサイト「梶原流数霊術」は、日月神示について日記で詳しく書かれており、私も参考にさせて頂いています。
梶原氏は、日月神示をとても勉強されている。

梶原氏の徒然日記の2020年12月1日 で、ミシェル・デマルケのYou Tube動画がありました。
私はこの方は知らなかったので、調べてみました。

以前にもブログでご紹介した波動測定の金子氏に、ミシェル・デマルケのYou Tube動画を測定して頂きました。

その内容のサイトのページです。

宇宙人に会ったというミシェル・デマルケの3つの動画です。
ミシェル・デマルケは、本も出版されています。

 

金子氏の測定結果

ミシェル・デマルケの意識波動レベルは、N4。
Nはネガティブのこと。
N4は、ものすごく悪い波動。

私はミシェル・デマルケ氏の動画を見たときは、悪い印象を受けました。
動画の内容も少し胡散臭さがあった。
宇宙人や霊界に詳しい人なら真偽がわかるでしょう。

金子氏の測定だけで悪いとは断定はできませんが、ミシェル・デマルケをすぐには信じないことが大切です。

 


ビ◯・◯イツにも要注意です。コロナウィルスにも関与か。
ビ○・○イツ:全人類の敵


農薬で殺された微生物が人間に逆襲

微生物の逆襲

この動画によると、
平成8年に起きた腸管出血性大腸菌O157による食中毒は、農薬で殺された大量の微生物が、人間に逆襲した可能性。

農薬を作った堺市でO157事件は起きた。

農薬で土壌や地球を汚染し、微生物を殺すことは、とても悪いこと。
人類は、昔から農薬で大きなカルマを作っている。
カルマが人間の病気などになって返ってきている。

微生物も人や動物のように意識があり、他に命令するらしい。
まだ私は半信半疑ですが、真実である可能性もあると思います。

多くの動物を殺すことも悪い。
地球や自然を破壊すると、人間は地球や自然から逆襲を受けることになる。

モンサントの農薬使用の野菜は、日本でも毎年大量に消費されている。

農薬を減らすことが急務。

 

手に持った土
農薬散布
ウイルス
泣く子供

 


木村さんが、農薬の大きな害についても語っています。
木村秋則×高野誠鮮×佐伯康人 「子供たちの『食』の未来と自然栽培」